紀北町 「町政発展へ公約実行」 尾上町長、4期目就任式 三重

【役場職員から花束を受け取る尾上町長(左)=紀北町役場で】

【北牟婁郡】10月31日の三重県の紀北町長選で4選を果たし、今月13日に4期目を迎えた尾上壽一町長(67)の就任式が15日、紀北町役場で行われ、参加した役場職員約80人を前に抱負を述べた。

「町政発展のため、公約に掲げた施策を一生懸命、誠実に実行していく」と決意を語った。コロナで打撃を受けた第一次産業や観光産業などの支援、町内各地の排水機場の改修などに取り組むとし、職員に「住民目線で業務を進めてもらえたら」と呼び掛けた。

最後に「責任はすべて私が取るので、住民の期待に応えられるよう頑張っていきましょう。至らないこともあると思うが、皆さまから指摘をもらい、改善しながら町づくりに務めていきたい」と締めくくった。