明治安田生命 県へ152万円寄付 「地元応援」コロナ医療に 三重

【感謝状を手にする福谷充広四日市支社長(右)、目録を手にする加太竜一医療保健部長(中央)、寄付の詳細を手にする清水経祐津支社長(左)=津市栄町の三重県庁にて】

明治安田生命保険相互会社(永島英器社長)はこのほど、「私の地元応援募金」として、三重県に152万6千円の寄付目録を贈呈した。この募金は同社が全国で展開する「地元の元気プロジェクト」の一環で、同社の従業員が居住地や出身地など縁がある地域に募金。会社からの寄付を上乗せし、全国の自治体や団体へ寄付している。

県庁で目録贈呈式があり、清水経祐津支社長、福谷充広四日市支社長等が出席。福谷支社長から加太竜一医療保健部長へ目録を手渡し、加太部長から福谷支社長には感謝状が贈られた。

清水支社長は「社員の地元を愛する想いのこもった募金。有効に活用していただければ」と語った。加太部長は「明治安田生命様とは包括連携協定も結び、多方面のご支援に感謝している。今回の募金は「新型コロナ克服みえ支え“愛”募金」として医療対策を中心に使わせていただきたい」と述べた。