北勢バイパス早期整備を 四日市市長ら国に要望 三重

【要望書を手に持つ村山道路局長(左から3人目)と森市長(左から2人目)=国交省で】

三重県の北勢バイパス建設促進期成同盟会(会長・森智広四日市市長)はこのほど、「国道1号北勢バイパス」と「バスタ四日市」の早期整備などを求め、国土交通省の山田邦博事務次官らと面会し、要望書を手渡した。森四日市市長や種橋潤治四日市工会議所会頭、内藤洋鈴鹿市副市長らが訪問。川崎秀人衆院議員と吉川有美参院議員も同席した。

面会先は、山田次官のほか、村山一弥道路局長と宇野善昌都市局長。

要望書では、北勢バイパスについて、市道日永八郷線から国道477号バイパスの早期開通や国道477号バイパスから国道1号(四日市市釆女町)の事業促進などを、バスタ四日市については早期整備事業の推進と駅周辺整備事業の支援などを求めている。

森市長は市道日永八郷線から国道477号バイパス間の令和6年度の開通見通しが公表されたことについて礼を述べ「県全体のさらなる経済向上に向けて、引き続き国道477号バイパス以南の整備をお願いしたい」と要望。バスタ四日市についても駅周辺の再編に向け支援を求めた。

これに対し山田事務次官は「リニア開通に合わせて、北勢バイパスの整備や、バスタ四日市を含む駅周辺の整備を進めていく必要があり、前向きに取り組む」と回答。村山道路局長は、「北勢バイパスの整備は、経済活性化に直結する課題であり、国道477号バイパスから南を含めて整備を進めていく」、宇野都市局長は「国としてもウォーカブルな空間づくりを進めており、整備するだけでなくにぎわいのある居心地のよい空間づくりを期待している」と答えた。