津の5人死傷事故訴訟 乗用車運転手と会社に賠償命令 津地裁 三重

【判決後、取材に応じるまゆみさん(右)と牛場さん=津市で】

三重県津市の国道23号で平成30年12月末、乗用車とタクシーが衝突し、タクシー運転手と乗客の4人が死亡、1人が重傷を負った事故で、亡くなった大西朗さん=当時(31)=の遺族ら5人が、乗用車を運転していた同市の元会社社長末廣雅洋受刑者(59)=過失運転致死傷罪で懲役7年が確定=と同市のタクシー会社に約1億4422万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、津地裁の竹内浩史裁判長は11日、両被告が連帯して約7536万円を支払うよう命じた。

判決によると、末廣被告は30年12月29日夜、制限速度時速60キロの国道で、乗用車を146キロで運転し、道路を横断していたタクシーに衝突。タクシーに乗車していた大西さんら5人を死傷させた。

タクシー会社側は「法定速度の2倍以上の速度で車が走行してくることは予見できない」と主張していたが、竹内裁判長は「道路上で進行方向と直角に停止することは衝突事故の原因となり、タクシー運転手にも過失がある」として、制限速度を大幅に超過する過失があった末廣受刑者と連帯して損害を賠償する責任があるとした。

判決後、大西さんの母まゆみさん(62)と婚約者の牛場里奈さん(35)が報道陣の取材に応じた。まゆみさんは「こちらの請求がほとんど認められない厳しい判決だった」、牛場さんは「本当なら結婚して子どもが生まれて幸せな生活をしようと思っていた。この3年間は苦痛でしかなく、判決を聞いて悔しい」と話した。