パワハラで2警視注意 三重県警、警察手帳紛失の巡査戒告

警察手帳を紛失したとして、三重県警は5日、鳥羽署の男性巡査(26)を戒告処分にしたと発表した。また、いずれも部下にパワハラをしたとして、同日付で50代の刑事部参事官組織犯罪対策課長の男性警視を本部長注意とし、県内警察署の50代男性警視を所属長注意とした。組対課の男性警視は15日付で警務部付とする。

県警によると、男性巡査は今年9月14日ごろから翌15日ごろまでの間、貸与された警察手帳をどこかで紛失。同22日に本人が上司に報告して発覚した。現在も警察手帳は見つかっていない。悪用されたという報告はないという。

西堀浩一首席監察官は「職員に対する給貸与品の点検や保管管理の徹底について指導教育を再徹底したい」と話した。

組対課の男性警視は今年10月、部下である同課の40代男性警部に対し、「お前らのちょっとしたミスを見つけたら徹底的にいったるでな」と激高して怒鳴りつけた。警部が同月、警務課に相談して発覚。パワハラを受けて警部は数日間、体調を崩したという。

警察署の男性警視は今年4月ごろから7月ごろまでの間、複数の部下に対し、「あほ、ぼけ」と不適切な発言をした。7月に職員から警務課に申し出があり発覚した。

県警は「職員を指導すべき警視がパワハラによる処分を受けたことを重く受け止めている。指導教育を徹底して再発防止に努めたい」とコメントした。