亀山市 コロナ補正2億円 「エールチケット」発行 三重

【臨時記者会見に臨む櫻井市長=亀山市役所で】

【亀山】三重県の櫻井義之亀山市長は4日、市役所で臨時記者会見に臨み、コロナ禍に伴う「総合対策パッケージ第6弾」として、2億120万円の本年度一般会計補正予算案を、11日開会の市議会臨時会に上程すると発表した。

地域経済の支援として「エールチケット」制度に6580万円計上した。1冊6千円分のエールチケットを5千円で発行する。市内のスーパーやドラッグストア、ホームセンター、飲食店、コンビニなどで販売し、購入店舗で本年度末まで使用できる。同市民でなくても購入できる。

また放課後児童クラブの利用料減収補てんや、小中学校の児童生徒用タブレット端末と学校内パソコンのフィルタリングソフト導入に3760万円を充てた。