伊勢市 市民功労、文化、スポーツ賞 14人と6団体を表彰 三重

【伊勢市民文化賞の表彰を受ける宇治山田商業高コンピュータ部の部員=伊勢市小俣町の小俣図書館で】

【伊勢】三重県伊勢市は三日、市立小俣図書館で「第16回伊勢市表彰式」を開き、市民功労賞として12人と5団体、文化賞に1団体、スポーツ賞2人を表彰した。

市民功労賞は、学校歯科医や消防団員を長年務めた人や、市に多額の寄付を贈った個人、団体に贈る。

7月にあった全国高校情報処理競技大会で、2大会連続団体優勝した宇治山田商業高校コンピュータ部に市民文化賞が、第49回日本実業団ハーフマラソンでマスターズ陸上M40クラスの日本記録を樹立した松岡直希さん(40)=小俣町湯田=ら2人にスポーツ賞を贈呈した。

式典で鈴木健一市長が1人ずつ賞状を手渡した。松岡さんは「素晴らしい賞をいただいた。もう一度日本記録を更新して結果を残したい」と語った。

被表彰者は次の通り。

市民功労賞=中井豊(馬瀬町)故神生修(竹ケ鼻町)山口友宏(小俣町元町)森輝道(御薗町新開)大西正義(小俣町宮前)奥野隆史(小俣町明野)山﨑力(御薗町上條)長谷川孝広(小俣町湯田)山口道元(東京都渋谷区)石川忠幸(同)志賀理(同目黒区)瀧本洋(同港区)伊勢ライオンズクラブ(岩渕一)シンフォニアエンジニアリング(竹ケ鼻町)二見興玉神社(二見町江)サラヤ(大阪市)大倉(千葉市)▽市民スポーツ賞=安山涼香(栃木県真岡市)