小選挙区当選者に証明書 鈴木氏「票の重み感じる」 川崎氏「若い世代らしく」 三重

【中西委員長(手前)から証書を受け取る当選者ら=津市羽所町で】

三重県選管は3日、津市羽所町のホテルグリーンパーク津で衆院選の当選証書付与式を開き、中西正洋委員長が県内の小選挙区で当選した4人に当選証書を手渡した。

2区の川崎秀人氏と4区の鈴木英敬氏が出席。1区の田村憲久氏と3区の岡田克也氏は、秘書らが代理で受け取った。比例復活の当選者には、総務省が当選証書を付与する。

川崎氏は取材に「しっかりと(当選を)実感した。新人が勝利したことは『国政で励んでこいよ』という皆さんからの叱咤(しった)激励だと思う。若い世代らしくやっていきたい」と語った。

鈴木氏も取材に「改めて身の引き締まる思い。たくさんいただいた票の重みを感じている。4区の皆さんに自慢に思ってもらえるよう、しっかり活動したい」と話していた。