衆院選三重1区 田村氏 三重を再び元気にする

【万歳で当選を喜ぶ田村氏=津市博多町で】

31日午後8時ごろ、三重県津市博多町の田村憲久氏の選挙事務所に当選確実の一報が入ると、集まった支援者から歓声と拍手が上がった。まもなく姿を現した田村氏は「一票一票の重みを感じながら政治の真ん中で活躍したい」と決意を語った。

田村氏は支援者らと万歳し、花束とタイを受け取った後にあいさつ。「全国を応援で回っていたことから地元で活動する日数が少なかった」と選挙戦を振り返った上で「このような形で早く当確が出たのは皆さんのおかげ」と支援者らに感謝した。

その上で「国民の生活は疲弊している。もう一度、三重に元気を取り戻す。持続可能な社会保障や少子化問題にも取り組まなければならない」と強調。「まだまだ課題はたくさんある。コロナを乗り越え、新たな発展に向けた政治を進めたい」と語った。

菅政権下で厚労相を務めた田村氏は、新型コロナ対応の実績を強調しての選挙活動。この1年間は県内に戻れず、選挙期間中も自民候補の応援で選挙区を離れる機会も多かったが、夫人やスタッフらの徹底した選挙活動で対抗馬を大きく引き離した。