親子でハロウィーン楽しむ いなべでマルシェにぎわう 三重

【いなべ】「いなべ子育てネットワーク(いなこね)」は31日、親子でハロウィーンを楽しんでもらうイベント「いなこねマルシェwithさくらんぼ」を、三重県のいなべ市役所玄関前広場で開いた。2回目となる今回は市内外から26店舗が参加し、大勢の家族連れらでにぎわった。

ベビー服やアクセサリー、ドライフラワーなどの雑貨のほか、ポップコーンやおにぎりといった食品を販売するブースも並んだ。ベンガラ染めが体験できるワークショップなどもあり、親子で挑戦する人もいた。中には、仮装した子どもたちもいて、思い思いにハロウィーンを楽しんでいた。

いなこねの服部純子代表は「人と人とがつながる場所として、これからもマルシェを続けていきたい」と話した。