紀北町長選あす投開票 現職、新人の争い 三重

【北牟婁郡】任期満了(11月12日)に伴う三重県の紀北町長選は31日、投開票される。町長選には、いずれも無所属で、新人の宮地忍(69)=三浦=、現職の尾上壽一(67)=相賀=(届け出順)の2氏が立候補し、支援を呼び掛けている。

宮地氏は「町役場に起業課を設立し、町内経済の活性化を図る」と強調。尾上氏は「道路や港湾の整備、健康施策に力を入れる」としている。

投票は31日午前7時―午後6時、町内30カ所で。期日前投票は27―30日の午前8時半―午後8時、役場1階町民ホールと海山総合支所1階で受け付ける。

開票は同日午後8時から、同町東長島の東長島スポーツ公園体育館で。午後9時ごろに大勢判明の予定。

25日現在の選挙人名簿登録者数は、1万3218人(男6149人、女7069人)。