松阪 ハロウィーン行事、園児仮装でPR 31日に加盟店巡る 三重

【ハロウィーンへの招待状を示す竹上市長(後列右から2人目)と仮装の子どもら=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市大黒田町の幼稚園「ハッピー・ツリー・モンテッソーリ・インターナショナル・プリスクール」と松阪街づくり公社は26日、同市役所で竹上真人市長と面会し、同市中心商店街で31日に開くハロウィーン行事をPRした。

同園は自発性を重視するモンテッソーリ教育の英語幼稚園として平成30年に開園し、ハロウィーン・パレードを開催してきた。仮装した子どもたちが商店街を練り歩き、菓子をもらって回る。今回は新型コロナウイルス感染防止のためパレードはせず、3班に分け、親子で参加店を巡る。約百人が参加する。

同園のレーナー八千代さんと同公社の宮村元之社長は「まちを盛り上げたい」とアピール。消防士や警察官、恐竜などに変装した園児5人が竹上市長に招待状を渡した。

竹上市長は「行きます。いいですね。だんだん盛り上がってきた」と歓迎した。