伊賀 近鉄トンネル列車事故50年 安全運航誓い訓練 脱線想定、負傷者を救助 三重

【負傷者を担架で救助する訓練=伊賀市阿保で(名張署提供)】

【伊賀】旧白山町(現在の三重県津市)の近畿日本鉄道大阪線旧総谷トンネル内で特急列車が対向の特急列車と正面衝突し、25人が死亡、288人が負傷した事故から50年となった25日、近鉄は伊賀市阿保の青山町車庫で訓練を実施した。近鉄社員や名張署員、伊賀、名張市消防署員計約260人が参加した。

犠牲者に黙とうをささげた後、4両編成の列車(乗客70人)が走行中に震度5強の地震が発生し、先頭車両がトンネル内で脱線したと想定して訓練を実施。消防署員や警察官、近鉄社員が、4両目に設置したはしごから軽傷者を避難させた。近鉄社員が、脱線した車両をレールに戻す復旧作業の訓練もした。

近鉄は「二度とこのような事故を起こしてはならないという決意の下、安全教育と安全投資を行い、お客さまの安全確保を最優先に社員全員で取り組んでいく」とした。

樋口弘道名張署長は「参加者が連携を図ったことは、今後の訓練で必ず生きる。訓練を通じて把握した課題を検証し、対策につなげたい」と話した。