「地元応援」で58万円寄付 明治安田生命が四日市市に 三重

【目録を手にする森市長(中)、感謝状を手にする福谷支社長(右から2人目)ら=四日市市役所で】

【四日市】明治安田生命(東京都、永島英器社長)は25日、「私の地元応援募金」として、三重県の四日市市に58万1500円の寄付目録を贈呈した。市は寄付金を新型コロナウイルス対策全般で活用する。この募金は同社が全国で展開する「地元の元気プロジェクト」の一環で、同社の従業員が居住地や出身地など縁がある地域に募金。会社からの寄付を上乗せし、各市町に贈っている。

市役所で目録贈呈式があり、福谷充広四日市支社長は「募金は現在お世話になっている『地元』や故郷などの離れた『地元』に思いを届ける活動。先日は県からも『健康経営企業』として優秀賞をいただくなど、社内外や地域のお客様の健康増進・地方創生に積極的に取り組んでおり、市が取り組まれている健康関連事業に我々が出来ることがあればサポートしたい。『四日市をさらに愛する』人が増えることが活動の最大の効果と考え、市民のお役に立てることを実行していきたい」とあいさつ。森智広市長に目録を手渡した。

森市長から福谷支社長には感謝状が贈られた。森市長は「募金は3回目だが、地元を愛する思いが毎回伝わって来る。全国規模での取り組みに敬意を表するとともに、思いが詰まった寄付とかみしめながら使わせていただく。町作りも健康が大きなキーワードであり、困難を皆さんのお力添えで乗り越え、明るい生活を取り戻すために頑張るので、良い連携を今後も組ませていただき、盛り上がりに力を貸していただければ」と謝辞を述べた。