小泉前環境相が街頭演説 四日市や鈴鹿で自民応援 三重

【街頭演説で川崎氏への指示を呼び掛ける小泉前環境相=鈴鹿市算所二丁目で】

小泉進次郎前環境相=神奈川11区=が25日、衆院選三重2区に立候補している自民新人の川崎秀人氏(39)の応援で来県し、四日市市や鈴鹿市で支持拡大を求めた。

小泉氏は鈴鹿市算所二丁目の鈴鹿ハンターショッピングセンター敷地で、支援者ら約千人(主催者発表)を前に街頭演説に立った。小泉氏は「相手はベテランで強い。少しでも力になりたいという思いで応援にきた」と呼び掛けた。

小泉氏は気候変動の問題にも触れ「2030年以降、イギリス、ドイツなどでガソリン車の販売をやめていく。日本が今まで作ってきた物が売れる国が減る」と指摘。「エンジン車から電気自動車や燃料電池車に変わっていく大きな移行期を、若い世代が30年後まで責任を持って見続ける必要がある」と訴えた。

三重2区はほかに、立憲民主前職の中川正春氏(71)が立候補をしている。