男子V2 ヴィアティン、新体制始動 超攻撃型バレーで挑む 三重

【ヴィアティン三重男子バレーボール新体制・新ユニホーム発表会で記念撮影する(右端から)倉田真監督、中村充孝・三交不動産社長、春藤洸介選手、福元浩太郎選手、後藤大介社長、中尾聡GM=津市丸之内の三交不動産本社で】

今月30日に開幕する、バレーボール男子の2021―22シーズンVリーグ2部(V2)に出場するヴィアティン三重が25日、スポンサー企業の三交不動産本社(津市)で新体制発表会と新ユニホーム発表会を開いた。

全15チームが来年3月まで2回戦総当たりする。ホーム開幕戦は12月4日、四日市市総合体育館で開催の大同特殊鋼戦。昨シーズンV3リーグを戦った3チームが新たに加わり、全日程終了後、下位5チームは3部に自動降格、9、10位チームは3部上位チームとの入れ替え戦に臨む。

新加入の8選手を含む過去最多の21選手で昨季7位からの巻き返しを誓う倉田真監督は「超攻撃型バレーでリーグ3位以内とその先の優勝を目指す。(新型コロナウイルスの影響で三重とこわか)国体がなくなり悔しい思いもしたがホームゲームで今までやってきたことを地元の皆様に見せられたら」と抱負を述べた。

ヴィアティン三重がVリーグに準加盟した17年からスポンサー契約を結ぶ三交不動産の中村充孝社長は「V挑戦は5シーズン目。コロナに負けず、明るい地域、まちづくりにこれからも貢献していただきたい」とエールを送った。