鈴鹿市 性別記載の必要性検討を 男女共同参画審が報告書 三重

【末松市長に報告書を手渡す藤原会長(右)=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県の鈴鹿市男女共同参画審議会(会長・藤原芳朗鈴鹿医療科学大教授)は22日、同市役所で、前年度の市男女共同参画基本計画の進捗(しんちょく)状況を評価した報告書を市に提出した。

同審議会は学識経験者、企業関係者、自治会関係者など10人で構成。「就労における男女共同参画」など計10項目について、2回にわたって審議した。

報告書では、男女共同参画意識向上の取り組みなど、3項目の課題について意見をまとめ、「女性が参画していない審議会などの解消に向けて努力してほしい」などと提言したほか、行政関係の各種申請書などの性別記載について必要性の検討を求めた。

藤原会長は「今年は施策の達成状況を丸や三角などで評価するスタイルで可視化に重点を置き、市民目線で審議した」などと経緯を説明し、末松則子市長に報告書を手渡した。

報告書を受け取った末松市長は「まずは市職員や教職員の女性管理職登用を一層積極的に進める」などと述べ、「市全体として男女共同参画の推進に生かす」と答えた。