変幻自在の投球が鍵に 東海学生野球、鈴鹿大エース左腕の田中創大

【鈴鹿大のエース、田中創大】

三重県2位から東海の頂点を目指す鈴鹿大は、軟投派のエース左腕田中創大(4年・大塚)の変幻自在の投球が鍵だ。投手を始めた中学時代からオーソドックスなオーバースローの投手だったが、大学入学後のイップス発症を機会に大学3年でサイドスローに転向。最速125キロで「どうせ球が速くならないのなら、バッターに嫌がられる投球を」と地道に研究を重ね、4年目でエースの座をつかんだ。

「試合の中で気持ち良く投げた球は10球もない」が「試合に出るからには勝たないと楽しくない」と打者から見た打ちにくさや違和感のある投球にこだわり続け、この秋チームを2季連続の三重県リーグ準優勝に導くとともに、自らも2季連続のリーグ敢闘賞を受賞した。「監督や後輩がくれた賞」と周囲の支えに感謝しながら、大学最後の大舞台を前に「神宮を狙えるチームのバッターをテクニックで抑えて皆を驚かせたい。チャレンジャーとして、攻める気持ちで行きたい」と闘志を燃やしている。