理美容フォトコンで準GP 伊勢の専門2年、宇田さん 他3人も上位入賞 三重

【フォトコンテストで準グランプリを受賞した宇田さん(左から2人目)ら=伊勢市役所で】

【伊勢】全国の理美容専門学生を対象にした「第5回フォトコンテスト」で、三重県伊勢市の伊勢理容美容専門学校2年宇田実子さん(19)が、2位の準グランプリを受賞した。ほかの学生3人も上位入賞を果たした。

ヘアデザインの感性や技術を競うコンテストで、NPO法人日本美容技術振興センターが主催。指定のウィッグ(人形)を使い、自由な発想でデザインを考え、カットやカラー、メイクを施し、写真に撮って応募する。全国から約900人が参加し、今月審査があった。

宇田さんの作品は、キツネの妖怪「妖狐(ようこ)」がテーマ。ウィッグの毛を染め、キツネの耳や色とりどりの花びらを表現し、あでやかに仕上げた。

伊勢市役所で18日、学生らが報告した。宇田さんは「花びら一枚一枚を表現するのに苦労したが、イメージ通りに仕上げることができた。受賞はうれしいけど、もう一つ上、トップのグランプリがよかったな」と話した。

ほかの入賞者は次の皆さん。

理事長賞=和歌伶奈▽審査員特別賞=赤塚成華▽優秀賞=小釣奏音