中小企業に支援金交付へ 伊勢市長会見 新型コロナ経済対策 三重

【会見する鈴木市長=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市の鈴木健一市長は20日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症関連経済対策として、県緊急事態措置に伴う外出自粛要請などの影響で売上が減少した中小企業者を対象とした緊急支援金の交付受け付けを11月から開始すると発表した。来年1月末まで。

対象は市内に住所や店舗(事業所)を置く中小企業者で、県が実施する8、9月分の県地域経済応援支援金、または県酒類販売事業者等支援金を受給していることが要件。県からの給付額と同額を給付する。

鈴木市長は「積極的に制度の活用をお願いしたい」と話している。

申請はホームページからダウンロードするか、市役所商工労政課窓口や各支所で入手できる申請書類に必要事項を記入し、必要書類と共に同課へ提出する。

併せて市は、国や県が実施している各種支援制度への申請を適切にできるよう、書類申請に対する助言や相談に有償で対応する行政書士を紹介する。問い合わせは市商工労政課=電話0596(21)5576=へ。