三重学生リーグ 最優秀選手に皇学館大・鈴木 優勝に貢献

【最優秀選手賞と最優秀投手賞受賞の鈴木貫太朗(皇學館)】

東海地区大学野球連盟の三重学生リーグは17日、同日閉幕した2021年秋季リーグ戦(伊勢新聞社後援)の個人賞を発表し、最優秀選手賞に6季連続の優勝を果たした皇學館大から投手の鈴木貫太朗(4年・皇學館)が選ばれた。

5校による1回戦総当たりで行われた今季、鈴木は全4試合中3試合に先発。22イニングに登板し防御率1・230の好投で8度目のリーグ優勝に貢献し、最優秀投手賞も受賞した。

皇學館大からはリーグトップの4盗塁を決めてリードオフマンの役目を果たした大野凌児(3年・松阪商)が2度目の盗塁王。5番、指名打者でスタメンに抜てきされ、打率5割8分3厘の成績で応えた中川聖也(2年・菰野)が初の首位打者に輝いた。

今年春に続く準優勝の鈴鹿大からは2試合に先発し、2位を決める順位決定戦では最終戦の四日市大戦で5回2失点で完投勝ちした田中創大(4年・大塚)が2季連続の敢闘賞を獲得した。

皇學館大と鈴鹿大は今月23、24日にダイムスタジアム伊勢で行われる東海地区大学野球秋季選手権に出場。明治神宮大会代表校決定戦を兼ねる東海・北陸・愛知三連盟王座決定戦(30、31日・パロマ瑞穂球場)の出場枠1をかけて岐阜、静岡の各県リーグ優勝校とトーナメント形式で対戦する。23日の1回戦の相手は皇學館大が静岡大、鈴鹿大が中部学院大(岐阜)。

最優秀選手賞、最優秀投手賞、敢闘賞、首位打者賞、盗塁王を除く秋季リーグ戦の個人賞受賞者は次の皆さん。

【打点王(4打点)】井田翔斗(皇學館大)村田怜音(同)坂本銀河(鈴鹿大)西口大河(同)橋本雄太(四日市大)

【ベストナイン】投手 鈴木貫太朗(皇學館大)▽捕手 長谷川純平(三重大)▽一塁手 大西将也(三重大)▽二塁手 大野凌児(皇學館大)▽三塁手 西口大河(鈴鹿大)▽遊撃手 井田翔斗(皇學館大)▽外野手 三輪真弘(皇學館大)松本詞裕(鈴鹿大)加藤粛斗(四日市大)▽指名打者 中川聖也(皇學館大)