衆院選違反取締へ署長会議 三重県警「公正確保を」

【三重県内18署の署長らを前に訓示する佐野本部長=県警本部で】

衆院選(19日公示、31日投開票)を前に、県警幹部や県内18署の署長らが集まる署長会議が16日、県警本部で開かれ、佐野朋毅本部長が「悪質な違反行為について一件たりとも看過することなく検挙するという決意で、選挙の公正を確保してほしい」と訓示した。

県警本部と各署は15日に選挙違反取締本部を設置し、約3400人態勢で取り締まりに当たっている。

佐野本部長は、違反取り締まりに当たり、幅広く偏りのない情報収集により違反の実態を的確に把握することなどを署長らに呼び掛けた。