新型コロナ 県内9人が感染 三重

三重県は15日、10歳未満―50代までの男女計9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。約11カ月ぶりに病床使用率が10%を下回った。県内の感染者は延べ1万4734人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、桑名市で3人、四日市市、津市で2人ずつ。鈴鹿市、亀山市で1人ずつ。このうち四日市、鈴鹿、亀山、津の4人について、感染経路が分かっていない。

鈴鹿市の20代女性教員は12日から熱などの症状があり、14日に検査を受けたところ陽性と判明。14日まで県内の高校に出勤していたといい、県は教職員1人を接触者として検査する方針。

15日現在の病床使用率は前日比1・7ポイント減の8・7%で、343日ぶりに10%を下回った。重症者用病床は前日と同じ3・9%。自宅療養者を含む入院調整中の感染者は35人で前日から1人増加した。