生菓子で20人食中毒 東員町「ガトーヴァレ」製造 三重

三重県は14日、東員町穴太の「ガトーヴァレ」が製造した生菓子を食べた3歳―48歳までの男女20人が、熱や下痢などを訴えたと発表した。桑名保健所は施設が製造した菓子による食中毒と断定し、同日付で同社の製造施設を営業禁止処分にした。

県によると、原因となったのは2―3日にかけて製造し、同社とイオン東員店(同町長深築田)で販売したケーキやシュークリームなど。約1500点を販売し、少なくとも11家族45人が食べた。入院患者はおらず、全員が快方に向かっている。