困窮者支援団体へ食料贈呈 津のNTTフィールドテクノ 社員から缶詰など450点集め 三重

【社員が持ち寄った食料品を前に青木代表(左)にコメを手渡す藤井取締役=津市丸之内で】

【津】NTT西日本のグループ会社「NTTフィールドテクノ」三重設備部は14日、三重県津市丸之内のNTT津丸之内ビルで寄贈式を開き、社員から集めた食料品を困窮者支援団体に食料を提供する「フードバンク多文化みえ」(青木幸枝代表)=津市豊が丘=に贈呈した。

昨年はNTT西日本三重支店が同団体に災害備蓄品を寄贈。今年は同社としての支援を考え社員の発案で家庭に眠る食料品を持ち寄ったところコメ200キロと、インスタントラーメン、缶詰、飲料、菓子など計約450点が集まった。

寄贈式で藤井隆行同社取締役(48)は「コロナ禍で苦しむ方が増えていると聞く。ご活用頂きたい」と同団体の青木代表(65)にコメを手渡した。青木代表は「こんなにたくさん頂き感激」と喜び「食べ物だけで解決するケースは少ない。食べ物を切り口に人間関係をつくり他の支援につなげたい」と述べた。