三重学生リーグ 皇學館大、四日市大が勝つ

(第4節・津市安濃球場)

三重学生野球リーグの秋季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は10日、2試合があり、皇學館大が三重大を7―0の七回コールド、四日市大が近大高専を8―0の八回コールドで退けた。

皇學館大は一回2死一、二塁から5番中川聖也(2年・菰野)の適時二塁打などで初回一挙3点を先制するとその後も得点を重ねた。2戦連続先発の鈴木貫太朗(4年・皇學館)は7回4安打無失点の好投で三重の反撃を断った。

四日市大は三回7番萱野心希(3年・延岡学園)の左前適時打で2点を先制すると八回までにチーム10安打を集めてコールド勝ちを収めた。近大高専は四日市大左腕の堀田明嗣(3年・折尾愛真)に3安打無得点で3敗目を喫した。