志摩市議選が告示 24人出馬、選挙戦に 三重

【志摩】任期満了(31日)に伴う三重県の志摩市議選は10日告示された。平成29年の前回選挙から2議席減らした定数18に対し、現職17人、新人6人、元職1人の計24人が立候補し、選挙戦に突入した。

政党別では無所属20人、自民党1人、公明党1人、日本共産党2人。男女別では男性17人、女性7人が立候補。コロナ禍での経済対策や産業活性化などが主な争点になるとみられる。

期日前投票は11―16日午前8時半―午後8時まで、市役所と市内4地区の各支所で受け付ける。

投票は17日午前7時―午後6時まで、市内公民館など42カ所の投票所で。同日午後8時から、阿児町神明の阿児アリーナで即日開票される予定で午後11時半には結了する見通し。

同市選管によると、10月9日現在の選挙人名簿登録者数は4万2173人(男1万9525人、女2万2648人)。前回市議選の投票率は67・77%だった。