鈴鹿 海岸で流木焼ける 付近にたき火跡 三重

【鈴鹿】8日午後10時ごろ、三重県鈴鹿市白子町の海岸で流木が燃えていると、110番があった。約15平方メートルに置かれた流木を焼き、約2時間後に消えた。

鈴鹿署によると、現場では県の受託事業者が集めた流木を一時的に保管していた。付近にたき火の跡があったといい、同署が出火原因を調べている。