四日市大、三重大が今季初白星 三重学生野球秋季リーグ

(第3節・津市安濃球場)
三重学生野球リーグの秋季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は9日、2試合があり、四日市大が鈴鹿大を3―1で、三重大が近大高専を7―1で退けて、ともに今季初白星を挙げた。

四日市大は早瀬悠(1年・山陽)、飯田幸大(2年・酒田南)の継投で1失点でしのぐと八回に2番橋本雄太(2年・暁)が決勝の2点適時打を放った。鈴鹿大は開幕3戦目で初黒星。

三重大は五回に3番松田凌真(3年・米子東)の中越え適時三塁打などで一挙4点を挙げると六回にも2点を加えた。先発の村國広貴(1年・倉敷天城)は7安打1失点で完投。近大高専は今季2敗目を喫した。