山や鳥、チョウなど撮影 玉城町で幾嶋さん写真展 三重

【山や鳥、チョウなどを撮影した作品と幾嶋さん(左)=玉城町原の「摘み草かふぇ 陽光桜のかぜ」で】

【度会郡】三重県玉城町原の「摘み草かふぇ 陽光桜のかぜ」で、南伊勢町贄浦のアマチュア写真家、幾嶋巧さん(79)の写真展が開かれている。観覧無料、31日まで。水曜日は休み。

幾嶋さんの写真歴は18年。登山を始めたことがきっかけとなり、撮影を開始。全国各地の山を歩き、雄大な自然や季節の移ろいをカメラに収めてきた。現在は南伊勢町文化協会副会長や南島写真クラブの代表を務め、花や鳥、チョウなどを撮り続けている。

同展には、今まで撮りためた中から11点を選んで出展。長野県や富山県の山で切り取った紅葉の風景、かわいらしいフクロウのひな、羽の模様が美しいアオスジアゲハチョウなどが並び、訪れた人の目を楽しませている。

幾嶋さんは「山の紅葉の美しさと鳥やチョウなど身近な自然を見てもらいたい」と話した。