新型コロナ 三重で新たに10人感染

三重県は9日、10歳未満―80代までの男女計10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の老人福祉施設で職員1人の感染が判明し、28人が接触者として検査を受ける見通し。

県によると、新たに判明した感染者は、四日市市、菰野町、津市で3人ずつ、名張市で1人。四日市、名張、津の5人について感染経路が分かっていない。県内の感染者は延べ1万4699人となった。

津市の20代男性は3日に発症し、8日の検査で陽性と判明。5日まで県内の老人福祉施設に出勤していたといい、利用者や職員ら28人が検査を受ける見通し。施設は8日からサービスを停止している。

また、クラスター(感染者集団)が発生していた県内の通所型老人福祉施設で新たに利用者3人の陽性が判明し、施設の感染者は31人に。この施設では、全ての職員と利用者が検査を終えたという。

9日現在の病床使用率は12・6%で、前日から2・2ポイントの上昇。重症者用病床の使用率は、前日と同じ5・9%。自宅療養者を含む入院調整中の感染者は70人となり、前日から9人減少した。