障害者就職へ合同面接 ハローワーク伊勢「コロナ禍でも雇用確保を」 三重

【企業の担当者から説明を受ける就職希望者ら=伊勢市勢田町の県伊勢庁舎で】

【伊勢】障害者を対象とした合同就職面接会が8日、三重県伊勢市勢田町の県伊勢庁舎で始まった。

ハローワーク伊勢が主催。新型コロナウイルス対策として、開催日を今月の5日間に分け、企業ごとに事前予約制にした。5日間で伊勢志摩地域の企業計20社、就職希望者約50人が参加を予定する。

初日は、和菓子メーカーや食品スーパー、機械部品加工業など4社がブースを並べ、障害者8人と支援者らが来場した。各社の採用担当者は、就職希望者と仕事の内容や働き方などについて話し合った。

ハローワーク伊勢の杉本公紀所長は「コロナ禍で事業を縮小する企業もある中で、障害者の雇用確保をお願いしている。1人でも多くの方の就職につなげたい」と話していた。