四日市 名古屋コーチン消費支援へ 三昌物産がクラウドファンディング 三重

【四日市】鶏肉を中心とした加工食品製造・卸売業「三昌物産」(三重県四日市市塩浜)は6日、所有する伊勢農場で約4万羽の県産名古屋コーチンを飼育する「コーチンミライズ」(岐阜県海津市、渡邉大雄社長)がクラウドファンディングで名古屋コーチンの消費支援を募集していると発表した。

四日から、クラウドファンディング「CAMPFIRE」(URL=https://camp-fire.jp/projects/view/493338=)で、コロナ禍で取引量が減少した名古屋コーチンの消費支援募集を開始。

4500円(税込み・送料込み)で名古屋コーチン味付け肉3種、5千円(税込み・送料込み)で朝引き名古屋コーチン1羽セットを支援への返礼品として送る。

プロジェクト名は「助けて!コロナ禍で行き場を失った名古屋コーチンを美味(おい)しく食べて救ってください」。募集期間は31日までで、来月初旬に返礼品の発送を開始する予定。

コーチンミライズは、自然豊かな環境の自社農場で名古屋コーチンを飼育し、自社工場で加工・出荷まで徹底した品質管理のもとで行い、安全・安心で質の良い鶏肉を提供しているという。

問い合わせは、同社=電話0584(57)2311(午前8時―午後4時)、email:info@cochin―miraiz.co.jp=へ。