国に意見書「一つの方法」 国体中止対応で県議会議長 三重

【定例記者会見で、中止が決まった国体への考えを述べる青木議長=三重県議会議事堂で】

青木謙順三重県議会議長は7日の定例記者会見で、三重とこわか国体・とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)の中止を受けた対応として、政府に意見書を提出することも「一つの方法」とする考えを示した。

青木議長は国体の中止決定を受けて「選手や競技団体、市町の思いを素直に受け止め、議会として何らかの形で発信したいと思う」と説明。「県議の皆さんが納得する方法や時期を考えたい」と語った。

その上で、国体のあり方に関する検討や中止に伴う選手への支援を求める意見書を政府に提出する考えの有無を問われた青木議長は「一つの方法だと思う。国体は県だけでなく、国全体のこと」と述べた。