伊勢 和紙に写した写真など57点 県内外36人が作品展 三重

【伊勢和紙に写真などを印刷した作品が並ぶ会場=伊勢市大世古の伊勢和紙ギャラリーで】

【伊勢】伝統工芸の伊勢和紙に写真などを印刷した作品づくりに取り組む「伊勢和紙プリントの会」の作品展が、三重県伊勢市大世古の大豊和紙工業伊勢和紙ギャラリーで開かれている。23日まで。

県内外のアマチュア写真家や書家、デザイナーなど36人が、計57点を出展している。

国内外の壮大な自然や身近な風景、表情豊かな人物写真やアート作品などを、原料やすき方によって風合いが異なる多様な伊勢和紙に写し出した。窓から差し込む太陽の光をいかして配置したり、和紙を2枚重ねて展示することで作品に奥行きを出したり、見せ方にも工夫を凝らしている。

ギャラリーを運営する大豊和紙工業の中北喜得社長は「会員の皆さんが創意工夫を重ねた。それぞれ和紙の醸し出す雰囲気をうまくいかして表した作品を、楽しんでほしい」と話していた。