地域活性化、人材育成で連携 大紀町と皇学館大が協定 三重

【協定を締結した服部町長(左)と河野学長=大紀町役場で】

【度会郡】三重県の大紀町と皇學館大学(伊勢市)は4日、地域活性化や人材育成を目的とした包括連携協定を締結した。同町が大学と同様の協定を結ぶのは2例目。

同大はこれまで、伊勢志摩定住自立圏を形成する同町などの自治体とさまざまな分野で連携を進めてきたが、今回の協定締結で同町との連携をより強化し、教育の充実や福祉の増進、歴史や伝統文化の振興についても相互協力していく。

今後は教育プログラムの一環として同大の教員や学生らが同町を訪れ、人口減少や少子高齢化など町の地域課題について住民らと一緒に考える場をつくる予定という。

町役場で締結式があり、服部吉人町長と河野訓学長が協定書を交わした。

服部町長は「大学の先生方や学生さんの力により、課題解決の取り組みを強力に後押ししてくれると思っている」と期待を込めた。河野学長は「地域に開かれた大学として伊勢志摩地域の活性化のためにまい進していきたい」と述べた。