県内部活動、段階的に再開 9日からは合同練習、試合も 三重

新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言期間中、原則中止となっていた三重県内学校の部活動は10月1日以降、段階的に再開。9月28日付けの県教委の通知によると1日から試行的に自校内の活動を認め、9日からは午前、午後のみの活動に限り県内での合同練習、練習試合を実施することもできるとしている。

ただ「県リバウンド阻止重点期間」(10月1―14日)は可能な限り感染症対策に努めることを強調。公式戦についても無観客試合の継続を要請している。これに伴い、県高野連では9月25日から行ってきた第74回秋季東海地区高校野球県大会について、引き続き、学校関係者や保護者を含めた完全無観客試合で開催することを決めている。