南伊勢町 翔大さん、キャンプ場開設 会員制で使い放題 20日オープン 三重

【20日にオープンするキャンプ場を紹介する翔大さん=南伊勢町木谷で】

【度会郡】シンガー・ソングライターで三重県の南伊勢町観光大使の翔大さん(26)が20日、地元の同町木谷に会員制の無人キャンプ場「2four Camp(トゥーフォーキャンプ)」を開設する。定額制で24時間365日使い放題と全国的にも珍しいシステムを採用。目の前に海が広がる絶景のロケーションの中で自然との触れ合いを提供し、町の魅力をPRしようと意気込んでいる。

同町出身の翔大さんは東京を拠点に音楽活動を展開する傍ら、ライフスタイルブランド「2four」を立ち上げ、売り上げの一部を環境問題の活動に充てるなど、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みに力を入れている。

今回は取り組みの一環として自然を感じる場所をつくろうと、荒れ地だった約1500平方メートルの土地を活用し、5月から翔大さんが整備を進めた。地域活性化や自然環境保護の活動も積極的に行う予定で、子どもらに豊かな自然環境を伝える稚魚放流体験を来年春ごろに開く。シーカヤック(レンタル可能)や釣り、海水浴も楽しめるという。

キャンプ用の区画サイトを6つ造り、15A電源やWi-Fiを完備。コンテナハウスは海上コンテナを改装し、トイレや炊事場、冷蔵庫などを設置した。月額料金は3500円、年額料金は4万2千円で会員募集は先着50人。予約1件ごとに500―千円の区画サイト利用料が必要。場内には防犯ライブカメラを取り付け、遠隔操作ができるIoT技術を活用して安全管理と緊急時の対応を行う。

19日まで、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で設備投資や稚魚放流などに充てる資金50万円を募っている。キャンプ場のホームページ(https://www.2four.com)から同サイトの閲覧、キャンプ場の予約やチェックイン・アウトなどができる。

翔大さんは「2four Campを自然との触れ合いのきっかけの場にしてもらいたい。9月から3月の間はキャンプ場の正面に沈む夕日がきれいでお薦めの風景です」と話した。