津・三重トヨペット eスポーツ全国大会へ 壮行会で県代表抱負 三重

【(左から)川喜田代表、小高選手、山門選手、千原選手、髙田理事長=津市上弁財町の三重トヨペット津垂水本店で】

【津】今月16、17日に三重県四日市市を拠点にオンラインで開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2021MIE」の「グランツーリスモSPORT部門」に県代表で出場する3選手の壮行会が3日、津市上弁財町の三重トヨペット津垂水本店であった。8月の全国予選で一般の部の出場権を勝ち取った小高侑己選手(20)=いなべ市北勢町=と、開催県枠で9月の県選抜戦一般の部、U―18の部それぞれの出場権を得た山門鈴空選手(18)=鈴鹿市西玉垣町=、千原勇人選手(17)=松阪市垣鼻町=を激励した。

同社は昨年、カーレースゲーム「グランツーリスモSPORT」を軸にしたeモータースポーツのクラブチーム「BTFスピリット」を設立。三重とこわか国体文化プログラムでの出場を目指し選手育成に努めてきた。同部門には3人の所属選手の出場が決まったが国体は中止となり、独自で大会をオンライン開催する。

壮行会では同チーム代表の川喜田雅則・三重トヨペット専務(44)が「三重から出場する3人全員がチームのメンバーで、これ以上ないうれしい結果」と喜んだ。髙田雅之・県eスポーツ連合理事長(58)が3選手に本大会の出場権を手渡し「競技を楽しみ普段の実力を発揮できれば結果は出る」と激励した。

本大会では一般、U―18とも予選を突破した12人が自宅からオンラインで戦う。小高選手は「開催地代表としてレースを盛り上げたい。目標は優勝」、山門選手は「トップレベルの方たちと戦えるのはうれしい。BTFの一員として頑張る」、千原選手は「全国の猛者たちと少しでも争えるよう残された時間を有効に活用したい」とそれぞれ述べた。