ひき逃げか、男性教諭死亡 鈴鹿の市道 三重

【鈴鹿】2日午前5時10分ごろ、三重県鈴鹿市長太旭町4丁目の市道で、同町3丁目の小学校教諭、宮澤謙吾さん(26)が、頭から血を流してあおむけで倒れているのを通行人の男性が発見し、110番した。宮澤さんは市内の病院に運ばれたが死亡が確認された。鈴鹿署はひき逃げの可能性が高いとみて捜査している。

同署によると、現場は片側一車線の直線道路で見通しは良い。同署は司法解剖して死因などを調べている。