新たに3人が感染1人死亡 新型コロナ 三重

三重県は2日、10歳未満―50代までの男女3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が10人を下回るのは5日ぶり。5人を下回るのは82日ぶりとなった。

また、県は新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院していた50代の男性が1日に死亡したと発表した。入院当初から重症だったという。県内感染者の死者は163人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、亀山市の10歳未満男女2人と四日市市の50代男性。3人とも今のところ感染経路が分かっていない。県内の感染者は延べ1万4631人となった。

このうち亀山市内の男児が通っていた小学校や利用していた施設では、児童や教職員などの計33人が接触者として検査を受ける見通し。女児が通っていた小学校でも30人が検査を受ける。

2日現在の病床使用率は13・2%となり、前日から1・5ポイントの減少。重症者用病床の使用率は前日と同じ3・9%。自宅療養者を含む入院調整中の感染者は120人で、前日から四人減少した。