牧野君、森田さんが最優秀賞 玉城町 交通安全ポスター表彰式 三重

【最優秀賞に選ばれた牧野君(前列左)と森田さん(後列左から2人目)と優秀賞受賞者ら=玉城町役場で】

【度会郡】伊勢地区交通安全協会玉城支部主催の交通安全ポスターコンクールの表彰式が1日、三重県の玉城町役場であった。本年度は有田小4年の牧野睦君と玉城中3年の森田誓さんの作品が最優秀賞に輝いた。

町内の小3-中3までの児童生徒を対象に交通安全に関するポスターを募集。332点の応募作品の中から、飲酒運転の危険性や歩行者優先を訴える作品など44点が入賞した。

新型コロナウイルス対策のため、表彰式には最優秀賞と優秀賞受賞者9人が出席。出口文生支部長が表彰状を手渡した。作品は10月中旬-11月中旬まで保健福祉会館、11月中旬から玉城病院に展示される。

牧野君は「少しでも事故がなくなってほしくてポスターを描いた」、森田さんは「運転中や歩いている時のながらスマホが少なくなってほしい」と話した。

優秀賞受賞者は次の皆さん。

【優秀賞】中里彩愛(田丸小3年)大屋優樹(外城田小4年)岩崎和奏(有田小5年)木下響介(下外城田小6年)辻村鈴湖(玉城中1年)山路莉世(同2年)泉綾音(同3年)