衆院選三重4区 鈴木氏が事務所開き

【事務所開きであいさつする鈴木氏(中央)=伊勢市の後援会事務所で】

【伊勢】次期衆院選三重4区に立候補を表明している前知事の鈴木英敬氏(47)=自民党公認=は1日、伊勢市上地町で後援会の事務所開きに臨み、スタッフら約20人と共に必勝を誓った。

直前に伊勢神宮で参拝を済ませたという鈴木氏はあいさつで、「知事を退職して約3週間、地域のいろいろな声を聴いてきた。10年5カ月への感謝と恩返しへの思いを持つ一方で、新人として一から選挙をやっていきたい。丁寧に足を使って誠心誠意、最後までしっかりやりたい。大きな可能性と課題があるこの地で仕事をさせてほしい」と訴えた。

元JA全中会長の奥野長衛後援会長は「これから訴えることはたくさんある。ここを拠点にしっかり4区を陰日なたなくお支えいただきたい」と呼び掛けた。

あいさつに先立ち、事務所では猿田彦神社から神職を招いた神事を執り行った。式には政界引退を表明している三ツ矢憲生衆院議員の後援会長、堀越萱二氏も出席。このほか辻村修一玉城町長や中村忠彦度会町長の姿もあった。

衆院三重4区には、ほかに元津市議で共産党の中川民英氏(54)と、元三重テレビ放送アナウンサーで立憲民主党の坊農秀治氏(49)が立候補を表明している。