亀山市 マイナカード申請を促進 先着1500人にQUOカード 三重

【定例記者会見に臨む櫻井市長=亀山市役所で】

【亀山】三重県亀山市の櫻井義之市長は30日、市役所で定例記者会見に臨み、10月1日からマイナンバーカード申請促進キャンペーンを実施すると発表した。先着1500人に千円分のQUOカードを贈る。

国の「マイナンバーカード交付事務費補助金制度」186万円を活用する。同カードを利用することで行政手続きを簡素化できる他、10月20日から一部医療機関で健康保険証として利用できる。

同キャンペーンは庁舎内の窓口で手続きして郵送で受け取る人と、出張会場での申請者が対象。出張会場は10月24日午前9時半―午後3時、同市若山町の市青少年研修センターに開設する。

市は平成28年度から交付を開始。先月末時点で交付者1万8255人、交付率36・83%。県平均は37・45%。

櫻井市長は「キャンペーンを機会に多くの市民に取得してほしい。令和4年度末で交付率80%を目標としている」と話した。