熊野署 刑事課員の仕事紹介 イラスト交えてカラフルに 三重

【刑事課の仕事を紹介する掲示物を制作した小川巡査=熊野市井戸町の熊野署で】

【熊野】三重県の熊野署警務課の小川樹里巡査(21)が、署内に設置した採用コーナーの掲示物を更新した。今年5月に制作した地域課員の仕事を紹介する内容に続き、第2弾となる今回は刑事課員の仕事を紹介している。

掲示物には、刑事課員の一日の仕事の流れと、同課員に課の魅力や大変なことを尋ねたインタビューを掲載。小川巡査が保有するカラーコーディネーターの資格を生かし、イラストを交えてカラフルにまとめた。

小川巡査自身も刑事課を目指している。警察学校の教官や現在の上司が同課出身で、現場での着眼点や行動力に憧れ、「こんな人になりたい」と思うようになった。

小川巡査は「刑事ドラマで知られる花形の仕事が、実際はどのようなものなのかを知ってもらえたら。現役刑事の話を読んで、警察官を目指す人が増えたらうれしい」と話した。