「民主主義の危機変えて」 立民の岡田元副総理 岸田氏選出で 三重

【記者会見に臨む岡田氏=川越町高松で】

立憲民主党の岡田克也元副総理は29日、三重県川越町高松の事務所で記者会見し、自民党総裁選で岸田文雄氏が新総裁に選出されたことを受け「今の民主主義の危機を変えるために力を尽くしてほしい」と述べた。

岡田氏は「まずはおめでとうございますと言いたい」と祝福。「安倍(晋三)さん以降の首相はまともな議論が成り立っていなかったので改めてもらいたい。野党に対して謙虚であってほしい」と注文を付けた。

総裁選の結果については「河野(太郎)さんだと思っていたが、意外だった」とし「冷静な議論をしていたので、政策の中身が問われた」と分析した。岸田氏を「非常にオーソドックスな正統派」と評価した。

退任する菅義偉首相については、新型コロナウイルス感染症対策を「もう少し専門家の意見を尊重してやっていればこんなに多くの人が感染したり、命を落としたりすることはなかった」と批判した。

一方で、脱炭素社会の方向性を示したことは評価。菅首相に「温暖化について方向性を出してもらってありがとうございました」とメールを送ったといい「これからもしっかり関わってもらいたい」と述べた。