三重県知事が会見 自民新総裁に岸田氏 地方に光、心強い

【報道陣に岸田氏への期待を語る一見知事=三重県庁で】

自民党総裁選で29日、岸田文雄前政調会長が当選した。これを受け、一見勝之三重県知事は岸田氏について、報道陣の取材に、「総裁選では『地方こそ主役』と訴えていた。地方に光を当てていただけることは心強い」と述べた。

一見知事は「総裁選では常にコロナ対策を訴えていた。国も県と同じ思いを持って国全体で支えていただけるとありがたい」とし、岸田氏が表明した数十兆円規模の経済対策にも期待感を示した。

また、海上保安庁の次長時代に予算編成などに関連して複数回にわたって岸田氏と面会したことを振り返った上で「非常に熱心にじっくりと話を聞き、考えを提示される方だった」と評価した。