サッカー・なでしこリーグ ヴィアティン、入替本戦へ 出雲FCを1―0で制す 三重

【なでしこリーグ2部入れ替え戦進出を決めたヴィアティン三重レディースの選手ら(チーム提供)】

女子サッカー・プレナスなでしこリーグ2部入替戦予選大会は最終日の26日、静岡・時之栖スポーツセンター裾野グラウンドであった。三重県内から出場のヴィアティン三重レディースはディオッサ出雲FC(島根)との3・4位決定戦を1―0で制して3位以内に入り、入替戦本戦出場を決めた。

後半10分に山口紗矢が決勝点を挙げた。予選大会3位となり、1位のディアヴォロッソ広島、同2位のSEISA OSAレイア湘南FC(神奈川)とともに10月末から開かれる本戦へ。今年のなでしこリーグ2部8位チームと計4チームで1回戦総当たりで対戦し、上位3チームに入ってなでしこリーグ2部参入を目指す。

ヴィアティン三重レディースは2012年に発足。翌年県女子リーグからスタートし、現在東海女子リーグ1部に参戦中。今年なでしこリーグ2部への加盟申請を行い、加盟相当と認められて、入替戦予選大会への初出場を果たしていた。

■ヴィアティン三重レディース・森周三監督の話■
とてもうれしい、ただまだ通過点。いろいろと改善し、なでしこリーグに上がれるよう、ここからまた切り替えて行きたい。