自民党総裁選、県内情勢は混沌 地元国会議員の支持割れる

【党員投票の開票作業が行われる自民党県連事務所=津市桜橋2丁目で】

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選は29日に投開票が迫っている。河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の四氏が立候補。県関係国会議員は支持が割れ、終盤になっても県内情勢は混沌としている。

県内党関係者によると、石破派の田村憲久厚労相(衆院三重1区)は河野氏、岸田派の三ツ矢憲生衆院議員(三重4区)は岸田氏を支持。川崎二郎県連会長(比例東海)は野田氏の推薦人に名を連ねる。吉川有美女性局長(参院三重選挙区)は明らかにしていない。

加えて、一部の県連幹部が高市氏への支持拡大に奔走する動きもみられる。県連内の支持が割れていることから、県連は今回の総裁選で特定の候補者への支持を示さず、党員の自主投票としている。

県内の党員投票でトップと目されるのは河野氏。田村厚労相が県議らに電話をかけ、支持を呼び掛けている。「田村氏が川崎氏の次に県連会長になるのを見越して河野氏に投票する人が多いのでは」とみる県議も。

河野氏を支持する県議は「時代の転換期を迎える中で、河野さんが首相になれば自民党も国も変わるかもしれない」と期待する。一方で、討論会などの発言に「非常に危なっかしい」という印象を持つ党員も。

岸田氏の陣営は「最もお金を使っている」(県連幹部)と言われるほど支持拡大に熱心だ。昨年の前回総裁選で、県連の予備選では候補者三人のうち最も少ない得票だったが「今回は違う」(党関係者)。

岸田氏を支持する三ツ矢衆院議員が今期で引退することから「三ツ矢さんに最後の花を持たせたい」(県連幹部)。ただ、一部の県議からは「無難な総裁になる」「全方位外交」など辛口の評価もみられた。

高市氏は県議からの支持を集める。奈良県選出の国会議員のため、つながりのある県議もいる。県議六人とオンラインで意見交換するなど県内国会議員から協力を得られない分、独自のやり方で支持を拡大する。

高市氏を支持する県議は「百代目の総理大臣に女性を据えれば、党が変わった印象になる」と強調。総務相の経験から地方創生に期待する声も。他候補の支持者は「誰かの操り人形にならないか」と懸念する。

劣勢とみられる野田氏を推薦する川崎県連会長は「動いていない」(県議)。県連幹部は川崎氏が推薦人になった理由を「東海ブロックの代表として東海地方から立候補している人を推薦した」と説明する。

野田氏は隣の岐阜県選出国会議員であるものの、県内の反応は冷ややか。「川崎氏が推薦人を務めたせいで衆院選に立候補する予定の秀人氏の票が減った」という声もあり、表立った応援は難しそうだ。

終盤になっても「まだ決めていない」と回答する県議がいる一方、党員票のすでに半数以上が党県連に届いている。「今支持を呼び掛けても『もう投票してしまった』と言われる」(県議)という。

河野氏の支持者は「圧倒的に党員票が超えていなければ結果は分からない」と決選投票に持ち込まれることを危惧。既に関心は決選投票に移りつつあり、河野氏以外を支持する国会議員の投票先に注目が集まる。

党県連は17日、党員ら約1万3千人を対象に投票用紙を発送した。28日までに返送してもらい、29日に開票する。決選投票の場合、県連票は一票で、県内得票最多の候補者に投じる。