来年のカレンダー「伊勢講暦」予約開始 伊勢文化舎

【来年のカレンダー「伊勢講暦」(伊勢文化舎提供)】

【伊勢】三重県伊勢市の出版社「伊勢文化舎」の来年のカレンダー「伊勢講暦(こうごよみ)」の予約受け付けが始まった。「お伊勢さんの風」をテーマに、伊勢神宮や周辺の風景写真に短歌や俳句を添え、伊勢の風情を伝えている。

写真は、神宮や伊勢志摩の風景を長年撮り続ける地元出身のカメラマン5人が撮り下ろした。内宮正宮や新緑の五十鈴川、同市横輪地区に咲く横輪桜、ドローンで空撮した二見の神前海岸など6枚を採用している。写真に合わせ、松尾芭蕉や西行らの、風にちなんだ俳句や短歌も掲載した。

伊勢講暦は、江戸時代に伊勢参りの土産として好まれた「伊勢暦」にちなみ、平成3年から制作を始め、今回で32作目。伊勢文化舎の中村賢一代表は「四季の写真と風が詠み込まれた歌で、伊勢の風の厳かさやすがすがしさを感じてもらえたら」と話している。

B3判、税込み660円。11月上旬から県内の書店やインターネットで販売を始める。

予約問い合わせは同社=電話0596(23)5166=へ。